福岡県八女市福島地区の町並み情報発信!


by yamefuku-tusin
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

3月17日(日)、旧八女郡役所の北側にできた板壁にベンガラ柿渋塗りが行われます。


日時 3月17日(日)13:30-15:30
場所 旧八女郡役所北側駐車場
お申込み NPO法人八女町並みデザイン研究会・中島(090-8917-8208)
補足 汚れてもいい服装でお越しください。


3月8日が「March 8」→「町家の日」ということで、このワークショップが行われることになりました。(3/10予定だったものが雨天により3/17に延期になりました)


「柿渋塗りって何?」という方は、こちらをご覧ください。

https://yamefukutu.exblog.jp/30095180/

(写真は今回塗る予定の旧八女郡役所の北側の板壁と、昨年ジェットスターの方々が柿渋塗りをして下さった時のものです)


f0184711_11235420.jpg

















f0184711_11242706.jpg


# by yamefuku-tusin | 2019-03-12 11:25

八姫お披露目会 2019春

八女市役所 町並み景観係所属の地域おこし協力隊が企画・事務局をつとめる「八姫お披露目会 2019春」が2月・3月にかけて行われます。


○ 「八姫お披露目会」とは
新規起業・開業されて日が浅い女性の皆さん(起業・開業予定の方含む)がワークショップを開催します。女性ということで「八姫」、新規起業・開業ということで「お披露目会」と名付けました。


○ なぜ「八姫お披露目会」を開催するのか
地域おこし協力隊は各々課題をもって活動に取り組んでいますが、町並み景観係の地域おこし協力隊は「町並みのにぎわい創出」という課題に取り組んでいます。

「にぎわい」にも、「日々の暮らしにとってのにぎわい」・「観光客が増えるにぎわい」・「移住者が増えるにぎわい」等、色々ありますが、「八姫お披露目会」は「日々の暮らしにとってのにぎわい」を目指して企画したイベントです。


新規起業・開業されて日が浅い女性の皆さん(起業・開業予定の方含む)にワークショップを開催してもらうことで

・ 起業・開業した方 : 地元における認知度の向上
・ これから起業・開業される方 : 営業開始前から地元に存在を認知してもらえる
・ お客様 : 新しいお店と出会うことができる

となり、「日々の暮らしにとってのにぎわい」につながるでは、ということで八姫お披露目会を開催することになりました。


また、これまで八女福島の皆様が、町家を修理し、新規起業・開業希望者の方々と地道に調整を重ねてきて下さったおかげで、八女福島に新しいお店が増えてきています。町の皆様が迎えた新しいお店の定着を、微力ながらも力になれればということで「起業・開業して日が浅い」方にワークショップを開催してもらうことにしました。


〇 ワークショップについて
全部で5つのワークショップを開催する予定です。今後、随時、各ワークショップの詳細をお知らせ致します。


初心者サンのデジカメ講座 : 2/16(土)・3/9(土)
https://ecru-zakka.jimdo.com/work-shop/

ようら de 簡単 ペーパーフラワーWS : 2月・3月の平日 
https://www.facebook.com/yamenisunda/posts/2299321626963992?__tn__=K-R

カカオレッスンと薬膳発酵シロップつくり : 2/10(日)
https://www.facebook.com/yamenisunda/posts/2301937753369046?__tn__=-R

麻ひも手編みバッグ教室 : 2/14(木)、2/26(火)、3/26(火)
https://www.facebook.com/yamenisunda/posts/2305771552985666?__tn__=K-R-R



ポーセラーツ体験 : 2月、3月
http://ur0.work/hlV5




f0184711_10272303.jpg


















f0184711_10280018.jpg


















f0184711_10283213.jpg






















f0184711_11225045.png




# by yamefuku-tusin | 2019-01-29 10:00 | まつり・イベント
12月14日(金)にNPO法人まちづくりネット八女主催の交流会が行われ、旧土橋商店街の再生活用について本年度の活動報告が行われました。

旧土橋商店街は建築物群の老朽化が限界に達しているものの家屋の所有者による維持管理が困難ということで、八女市に解体及び寄付等の相談が行われている状況です。
この状況をうけ、まちづくりネット八女では今年度の総会で、旧土橋商店街について「八女福島のまちの発展を記憶してきた貴重な地域遺産であり、後世に残し伝えていくため再生活用すべき」と確認しました。

こういった経緯をふまえ、今年度及び来年度は、建築物群の履歴・痕跡・実測調査及び学術調査が行われています。
これまでの調査の結果、旧土橋商店街は昭和25年ごろの建てられたのではということがわかったそうです。
昭和21年の古写真には旧土橋商店街の建築物群が写っていないものの、昭和27年以降の写真には写っているなど、複数の古写真や古いゼンリン地図、関係者のヒヤリング等、今日までの変遷なども調査します。

また、痕跡・実測調査では建物内に入り調査を行いますが、雨漏りにより壁や床が不安定な状態になっていたり、増改築を繰り返してきた歴史から、柱をはずしている部分もあるかもしれない等、危険な箇所もあります。
さらに、そもそも所有者と連絡がとれないなど、調査そのものに着手できていない家屋もあるそうです。
しかし、八女福島の町並みの東側端に位置し、土橋市場とつなぐ重要な位置にあり、町並みの賑わい創出の取組みに重要な資源でもあることから、今後も関係各所と連携しながら調査が行われます。



f0184711_13120558.png


# by yamefuku-tusin | 2019-01-10 13:21 | まちの話題

餅つき

12月24日(月)、八女ふるさと塾の皆さんによる餅つきが、旧八女郡役所で行われました。

餅つきのベテランさんから初心者さん、長年、八女福島にお住まいの方から最近転居して来られた方まで、老若男女、なごやかにおしゃべりしながら餅つきはすすみます。

途中、もち米のおにぎりをいただきながら、ついてはまるめ、ついてはまるめを5・6回は繰り返したでしょうか。

最後は参加者でつきたてのお餅をわけ「よいお年を」と挨拶をしながら、ケガもなく無事に餅つきが終わりました。


f0184711_13195319.jpg


















f0184711_13152301.jpg

# by yamefuku-tusin | 2019-01-10 13:21 | まつり・イベント

● 保存修理技能講習会

11月22日(木)・12月13日(木)に、八女市歴史的建築物の保存修理技能講習会が行われました。

受講者はNPO法人八女町並みデザイン研究会、八女黒木町並みデザイン研究会の皆さんです。講習会は歴史的に価値のある建築物を伝統構法による保存修理を行うにあたり必要な能力を持った人材を育成することを目的に、2016年より行われています。

● 11月22日
11月22日は、「歴史的建築物保存修理事業の特記仕様書について」講習が行われました。
歴史的建築物の保存修理においては、修理とは傷んだ部材をそっくり新しいものに取り換えるのではなく、建物が建築された当時の状態や修理・増築等の履歴をきちんと調査したうえで、可能な限り使われていた柱や梁等を修理して再利用しながら伝統木造構造を継承し、いかしてその建物がもっとも輝いていた時代に戻すことができるかが基本で、この心構えが仕様書にも反映されています。

○ 解体工事についての注意事項(八女町並みデザイン研究会の仕様書より)

(1)「解体」とは基本的に手作業で丁寧に分解して格納することを示し、~中略~解体作業は履歴をふまえた調査そのものである。
~中略~
(4)正確な復原を行う為には、一行程毎に清掃・調査・実測・写真撮影を行い、解体手順を厳守すること。

●12月13日
12月13日は重要文化財修理の経験がある瓦工事・木工事の経験者を講師に迎え、講習会が行われました。
「文化財の仕事とは自分の技量をみせるのではなく、昔の人になりかわってすること」「解体することでわかる情報を丁寧に記録し次世代に伝えることが私たちの責任」と、11月22日の講習会にも通じる説明が講師からありました。講習会では、心構えの話しだけでなく、技術面でも多くの現場写真を見ながら学びました。受講者同士でも、「これは難しい」「こうしたらどうだろう」と話しながら、積極的に受講していました。


f0184711_13040643.jpg


# by yamefuku-tusin | 2019-01-10 13:20 | まちの話題