福岡県八女市福島地区の町並み情報発信!


by yamefuku-tusin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
f0184711_15161373.jpg


【第2回】「建築基準法の適用除外を歴史まちづくりに活かす」
講師:後藤 治 氏(工学院大学教授・歴史的建築物活用ネットワーク共同代表)
日時:2015年2月22日(日)10時~12時 
場所:おりなす八女 研修棟第3研修室(八女市本町602-1)

*当日は「雛の里 八女ぼんぼり祭り」の開催期間中ですので、お車は大正町駐車場もしくは周辺の駐車場をご利用ください

*10月に台風で中止となった会を延期して開催いたしますので、ぜひご参加ください。

【趣旨】
 全国には、建築基準法制定以前(1950年以前)に建築された歴史的建築物が約150万件存在しているといわれ、九州各地でもそれらが景観を形成し、文化を伝えています。
 しかし、こうした建築物は、改修や活用をしようとする際に建築基準法に適合することが求められる場合があり、景観的、文化的に価値のある意匠や形態等を保存しながら使い続けることが困難となることがあります。
  そこで京都市や神戸市等では、建築基準法の適用を除外する条例制定がされ、国においては国家戦略特区の方針に基づき、国土交通省より本年4月に、新しい運 用の仕組みが示されました。
 以上を背景 に、今回の学習会では、歴史的建築物の改修・活用に関するニーズの高さ、 実際に条例を運用するために必要なこと等を議論し、九州各地で歴史的建築物の改修・活用に携わっておられる方々と連携をして制度活用に向けて取組みを進め ていくことを考えています。建築関係者・自治体関係者はもとより、関心のある方のご参加をお待ちしております。

【参加申込について】
参加費:無料、定員:50名
申 込:電話 0943-23-2577(八女市都市計画課美しい景観係/町並み保存会事務局(担当・中島))メール:info@yame-machiya.net(氏名・所属・連絡先(電話番号)・参加人数をお伝えください)
締切日:2月20日(金)(定員に達した時点で締め切らせていただきます)
[PR]
# by yamefuku-tusin | 2015-02-06 15:16 | まちの話題
八女福島地区一帯において、2月22日(日)〜3月22日(日)に開催される「第18回 雛の里・八女ぼんぼりまつり」でサポートしていただくボランティアを募集しています。

f0184711_1005045.jpg


西日本新聞1/5朝刊

*雛人形のふるさと八女*
人形たちは福島白壁の町並みに江戸、明治、大正、昭和の時代を生き続けてきました。
“ぼんぼりまつり”とは、提灯の産地にあやかり名付けられました。

高校生以上、男女、市内外の居住地問いません。1回のみのお手伝いでもありがたいです(未成年者は、保護者の同意をお願いします)。

八女が大好きで、八女を訪れるお客様に笑顔になっていただきたい、そんな想いの人は、ぜひご連絡ください。

新社会推進部観光振興課(電話:0943-23-1192)まで

【募集日とイベント名】
・3月1日(日)十二単衣と束帯姿の結婚式
・3月8日(日)あなたもお雛様に変身
・3月15日(日)十二単衣と束帯姿の結婚式
・3月21日(祝)あなたもお雛様に変身

f0184711_1011597.jpg

f0184711_1012842.jpg

f0184711_1014558.jpg

[PR]
# by yamefuku-tusin | 2015-01-07 09:56 | まつり・イベント
【八女ふるさと塾 20周年記念パネルディスカッション】

1月11日(日)に、「これからの八女福島を語る」と題したパネルディスカッションが行われます。
八女福島町並み保存会が後援しています。

お申し込みの上、ご参加ください。

パネルディスかション「これからの八女福島を語る」
~魅力ある町、住みよい町、町家暮らしetc~

パネリスト:高橋 宏 (八女ふるさと塾 顧問)
梅木 隆 (宅老所はるさん家)
白水高広(うなぎの寝床 代表)
中島 望 (中島孝行アトリエ)
司会進行 :中島 宏典(八女町家ねっと事務局、八女市地域おこし協力隊)

日時:2015年1月11日(日)15~17時半
場所:福島八幡宮 儀式殿(拝殿手前右側の建物)
参加費:無料
定員:70名(事前申込要)

申込先:八女ふるさと塾 事務局・事務局 牛嶋(tel/fax.0943-24-9222 / e-mail. KenjiKayoko@alpha.ocn.ne.jp)

主催:八女ふるさと塾 後援:八女福島町並み保存会

f0184711_8542516.jpg

[PR]
# by yamefuku-tusin | 2015-01-05 09:23 | まつり・イベント

町並み通信 第26号

2014年12月1日付で、町並み通信を発行しました。

小学生による土壁塗り、ベンガラ柿渋塗りなどのご報告を記載しています。
どうぞご覧ください。


f0184711_9354053.jpg
f0184711_9355045.jpg

[PR]
# by yamefuku-tusin | 2014-12-09 09:38 | まちの話題

歴史的建築物の学習会

*台風19号の影響により、13日は中止させていただきます。ご了承いただきますようお願い申し上げます。

歴史的建築物についての学習会を行います。
どなたでも参加できますので、お申し込みの上、お気軽にお越し下さい。


【第1回/終了しました】「そもそも歴史的建築物とは何? いま、どういうことが全国で起きているのか?」
 ○歴史的建築物と文化財、そして現代の家との違いを知ろう
 ○建築物に関する最低基準を定めた「建築基準法」の歴史を学ぼう
 ○いま、歴史的建築物において、課題となっていることを学ぼう

講師:赤松 悟 氏(都市環境研究所 九州事務所 所長)
日時:2014年10月4日(土)18時30分~20時30分 場所:おりなす八女 研修棟第3研修室


【第2回/台風の影響により中止】「全国の事例紹介を踏まえて、自分のいえ・まちのことについて考えてみよう」
 ○全国の事例紹介から、自分のいえ・まちと比べよう
 ○歴史的建築物の制度を学び、活用への一歩を探ろう
 ○新たな運用方法を学び、困難な課題をクリアする足がかりとしよう
 ○最低限守らなければいけない命に関することを、しっかりと学ぼう

講師:後藤 治 氏(工学院大学教授・歴史的建築物活用ネットワーク共同代表)
日時:2014年10月13日(月・祝)17時~19時 場所:西古松町公民館(八女市稲富111)

 

【趣旨】

 全国には、建築基準法制定以前(1950年以前)に建築された歴史的建築物(伝統的な木造建築物や、鉄筋コンクリート造やれんが造の近代建築物等)が約150万件存在しているといわれ、九州各地でもそれらが景観を形成し、文化を伝えています。
 しかし、こうした建築物は、増築や用途の変更を行おうとする場合、建築基準法に適合することが求められ、景観的、文化的に価値のある意匠や形態等を保存しながら使い続けることが困難となることがあります。
 そこで京都市や神戸市等では、建築基準法の適用を除外する条例制定がされ、国においては国家戦略特区の方針に基づき、国土交通省より本年4月に、新しい運用の仕組み(国土交通省住宅局建築指導課長「建築基準法第3条第1項第3号の規定の運用等について(技術的助言)」が示されました。
 以上を背景に、今回の連続した学習会では、建築基準法を振り返るとともに歴史的建築物との関係を整理した上で、歴史的建築物の改修・活用に関する全国的な事例紹介、実際に条例を運用するために必要なこと等を議論し、九州各地で歴史的建築物の改修・活用に携わっておられる方々と連携をして制度活用に向けて取組みが進めていくことを考えています。
 建築関係者・自治体関係者はもとより、関心のある方のご参加をお待ちしております。



【参加申込について】

参加費:無料
定 員:各回50名
申 込:電話 0943-23-2577(八女市都市計画課美しい景観係/町並み保存会事務局)
    メール:info@yame-machiya.net
  (氏名・所属・連絡先(電話番号)・参加人数をお伝えください)
締切日:第2回:10月10日(金)(定員に達した時点で締め切らせていただきます)

f0184711_10521499.jpg

[PR]
# by yamefuku-tusin | 2014-10-09 10:53 | まちの話題